帯広で歯科治療をするなら帯広の歯医者「ブラン歯科医院」 

ブラン歯科医院帯広審美歯科(セラミック治療など)歯科インプラント治療帯広市で歯科治療ならお任せください矯正歯科治療歯のホワイトニング一般的な質問歯科治療自費料金表

歯科疾患ガイド

口臭の原因・対策
顎関節症
口腔粘膜疾患
歯ぎしり・食いしばり
いびき
妊娠と歯科疾患
全身疾患と歯周病
スポーツマウスピース
乳歯をぶつけた

歯科治療法など

虫歯(う蝕)治療
予防歯科
歯周病治療
レーザー治療
グラディアダイレクト
歯のクリーニング
総入れ歯
部分入れ歯
インプラント治療
ホワイトニング
インレー
クラウン
外科処置・抜歯処置など
 

その他のご案内

医院案内
診察風景
はじめての患者様へ
問診表
医院コンセプト
医院クレド
携帯着信音ダウンロード
患者様の声
サイトマップ
医療費控除
医院動画
旧ブラン歯科医院

 

口腔粘膜疾患

口腔粘膜疾患は多くの種類もあり原因も様々のものがあります。良性のものから悪性のものまであります。単なる口内炎だと思って放置しておいたが悪性のものであったなどもありますので、少し治りが遅いかなと思われたらお近くの口腔外科へ受診をすることをお勧めいたします。当医院でも必要と判断される場合は高次病院へのご紹介をさせていただきます。

当医院では良性のものに関しまして口腔内軟膏や含嗽、痛みの軽減にレーザーを用いることもございます。

代表的な粘膜疾患として

器質的な変化が見られない(見た目には正常な状態)だが、持続的なピリピリとした症状が続く舌痛症という疾患もあります。

白板症:粘膜の一部が白色になり、表面は平滑なもの、しわ状のものもあります。白色の分化度が高度になりいぼ状に隆起してくるものもあります。隆起はせずに赤い部分が混在してくるものもあります。  白斑のみでは痛むことはありませんが、紅斑が混在するものでは痛みを伴うようになります。 白板症が癌化することもあります。長期経過で白板症の4~8%程度に悪性化がみられています (前癌病変)

紅板症:紅板症は紅色肥厚症とよばれていた病変と同様な疾患です WHOの診断基準によれば「臨床的にも病理組織学的にも他の疾患に分類されない紅斑」で 紅板症は鮮紅色の紅斑で組織学的には種々の程度の上皮性異形成~上皮内癌までの所見を示す前癌病変です。

口腔カンジダ症:口腔内に常在菌のカンジダ菌という真菌が繁殖して起こる病気です。お年寄りや免疫力が低下した状態の人がかかる病気です。唾液分泌低下や、義歯の清掃不良といった局所の要因でも発症します。 カンジダ菌(主としてカンジダ・アルビカンス)の感染で生じます。長期間の抗菌薬による菌交代現象や生体の抵抗力の低下が感染の要因となるため、抗アレルギー薬、免疫抑制薬、抗がん薬、ステロイド薬の投与を受けている人など、口腔や義歯の清掃不良、唾液分泌低下なども関連します。高齢者や幼児に起きますが、エイズなどの免疫抑制状態では若年者の口のなかにも現れることがあります。

 診療科目

歯科・予防歯科
審美歯科・顎関節症
口腔外科・インプラント
歯周病治療


 診療日

診療時間
9:30~12:30
14:00~19:30    
       電話予約制のため来院前にお電話をお願い致します。
                  夜間診療最終受付 19:00迄

 

 
   〒080-0028  北海道帯広市西18条南36丁目2番11号
            弥生新道沿 帯広陸上自衛隊正門近く
            TEL:0155-49-3225(電話完全予約制)